(15)つらら


こんにちは~

 

3月に入り、だいぶ日が長くなりましたね

気温も上がってきました

日中はもうすぐ二桁にとどきそう

はもうすぐです。

 

でも、夜間はまだマイナスになることも。

そんな時、つららが出来やすいですね~

台温泉精華の湯つらら、見事です!

 

そして、こんな所にも

台温泉簡易郵便局のポストです。

手紙を入れるその手に

ポタッとシズクが落ちそう。

 

 

 

さて、

明日で、震災から1年が経ちます。

温泉でも色々なことがありました。

地面が動いたため、源泉が出なくなった旅館も

今は、元気にたくさん出てますよ

 

6月には、沿岸の被災した方達一時避難されていました。

避難所での生活で、ストレスから吹き出物ができてしまった方、

腰が痛くなって曲げていないと辛かった方が

台温泉で生活するようになって治ったと教えてくれました。

少しでも笑顔が取り戻せるお手伝いができて

嬉しく思いました

 

同じく6月から、被災地に仮説住宅を建てる作業員

台温泉に宿泊していました。

主に関西地方の方達で

沿岸まで片道1時間半かけて毎日通っていました。

ホント、頭が下がる思いでした

 

震災で、キャンセルが続き

どうなることかと思った台温泉の旅館も

このような動きがあって少しホッとしてたんですよ

 

まだまだ、被災地の復興には時間がかかります。

あの日を忘れず、「今」に感謝をしながら

自分にできることを精一杯努力しよう!

改めて気を引き締めた次第です

 

  

 

これからは季節の変わり目体調をくずしがち。

みなさん、体温調節をしっかりして、

風邪をひかないようにしましょうね

 

春が待ち遠しい台子より