(98)温泉神社のライトアップ


コンニチハ平成31年!

もう1ヶ月経ってしまいましが・・・

改めまして、

今年もよろしくお願いします😉

最近、

日本の歴史に興味がわいてきた

台温泉の湯気の妖精台子

お伝えしま~す!

* ゜○ * ゜○ * ゜○

さて、
今回のタイトル「温泉神社」
ご存知ですか?

台温泉の旅館街の中心部には
小さな小さな「温泉神社」がありまして
南部藩とは大きくかかわりがあるんですよ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

江戸時代初期、
岩手県一帯はほぼ南部氏の領地でした。

藩主の南部重信公は、
何度も母親と一緒に台温泉を訪れ、
親子で長期滞在し療養していました。
いわゆる「湯治」ですね。

― ○ ― ○ ― ○ ―

湯治は
戦国~江戸時代の武将の間でブームで
家来や家族と共に温泉に行き
戦や長旅の疲れを癒していました。

豊臣秀吉は有馬温泉、
徳川家康は熱海温泉と
それぞれヒイキにしていた温泉があり
南部氏は台温泉だったのです。

― ○ ― ○ ― ○ ― 

台温泉を気に入った南部重信の母親は、
旅館街の中心部に神社を建立しました。
それが「温泉神社」です。

温泉神社に祀られているのは
縁結び」の神様オオクニヌシ。

息子重信に様々なご縁があるように!
と願う母親の姿は、時を経ても親子の「愛」が
伝わってきますね。

~ ♡ ~ ♡ ~ ♡ ~

神主や巫女さんはいませんが
長い年月、台温泉の氏子(うじこ)達が
この温泉神社を守ってきました。

機械だ、AIだ、
と、ますます人間関係が冷える現代。

今あるご縁を深めに、
または、
新しいご縁に出会うために
温泉神社をお参りしに来ませんか?

● ● ● ◎ ● ● ●

台温泉では、冬季限定イベントとして初めて
温泉神社のライトアップを開催します!

期間:2019年2月2日~3月17日(毎夜)
時間:18:30~21:00
場所:台温泉 温泉神社
台温泉のバス停から400mほど旅館街の坂道を上った右手、
旅館かねがやの隣にあります。

さらに、2月16日から毎週(土)18:30先着10組には
ささやかなプレゼントを準備しています。

台温泉内では、初めてのライトアップです。
毎年のレベルアップを期待してkao-a07.gif
温かくして大切な人と写真を撮りに来てみてね!

あと、
階段は滑りやすいから気を付けて!

ではまたね!

台子でした